CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
お問い合わせは
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


演劇やダンスなど舞台芸術の人材育成を目指して舞台作品の試演会を開催しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
C.T.T.Hiroshima vol.10詳細
○日時 2013629日(土)19:00開演、30日(日)14:00開演

○上演協力金 950円(前売、当日ともに)

○会場 レイノホール (広島市中区大手町3-7-3 地下1階)

・会場には駐車場がございません。お車でお越し際は周辺パーキングをご利用ください。


○今回の上演団体○

■■ INAGO-DX(イナゴデラックス) ■■ 

 「踊り場では踊らない」

作・演出:武田宜裕 出演:水島憲弘、オギエ博覧会 ほか

代表の武田が大学在学中に「いなごDX」として旗揚げ。4年間で本公演7回、番外公演4回を上演。その後、7年間の充電期間を経て、2006年「INAGO-DX」としてリニューアル再始動。「三ツ星シェフが作る最高級のスナック菓子」を合言葉に、奇想天外な舞台を連発。これまで4回の本公演全てにおいて、全席完売・満員御礼という快挙を達成。20139月、初のアステールプラザ公演で、新たな境地に挑む。

 

■■ 黄金山(おうごんざん)アタック ■■

 「生男(イカロス)」

作・演出:藤井友紀 出演:よこたよしき 藤井友紀

2002年に旗揚げ公演、以来、公演ごとに役者とスタッフを集めるというプロデュース形式で公演を行う。2008年に劇団として活動、固定の役者、ほぼ同じスタッフで公演を打つ。北九州市の海峡演劇祭2010や出雲市の雲劇祭2013に参加。

作品は見ている人をヘンな世界へ引きずり込む、心地良いような悪いような世界を描く。

 

■■  変劇団(へんげきだん) ■■

 「てる・てる」

作: 山田めい 演出: 佐々木あや 出演: 山田めい、佐々木あや

20105月、中学高校の同級生で演劇部に所属していた仲間で創立。演劇部時代のあだ名が「変劇部」であったため、その名残で「変劇団」に決定。同年10月『ビーフストロガノフ』(作・変劇団、演出・佐々木あや)で旗揚げ。広島を拠点に活動する。

舞台を通して会話の輪が広がり、人々の生活がより豊かになることを願い活動している。

 

29日の上演終了後には30分程度の「合評会」を、30日上演終了後には合評会に代わり、1時間程度の「クリティカル・レスポンス」を行います。

クリティカル・レスポンスとは?

『作品を発展、成熟させることを目的に観客と出演者が対等な立場で行う対話のシステム』です。通常の合評会より「一歩踏み込んだ」環境で、出演者全員と「対話」する場を設けます。

 


・各団体の上演時間はおよそ30分。各演目のあいだに5分程度の休憩をはさみます。

・休憩中の入退場は可能です。ただし上演協力金の割引や返金などはできませんので御了承ください。

・全上演終了後に合評会をおこないます。

 ○問い合わせ C.T.T.広島事務局 TEL 090-7892-8925(代表)

メール ctthiroshima@mail.goo.ne.jp /

ブログ http://ctthiroshima.jugem.jp

広島市中区大手町3-7-3 広島トミタビル1F 舞台芸術制作室 無色透明

 

○主催:C.T.T.広島事務局 

○共催:NPO法人子どもコミュニティネットひろしま

○協力:広島市東区民文化センター

posted by C.T.T.広島事務局 | 08:40 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
C.T.T.vol.10参加団体が決定しました!
 




以上の3団体での開催になります。

詳細は後程。

posted by C.T.T.広島事務局 | 14:46 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
C.T.T. Hiroshima vol.10 参加者募集!!
 C.T.T. Hiroshima vol.10参加者募集!!

日時/6月29日(土)、30日(日)
場所/レイノホール
あと2枠、参加枠が残っています。
30分以内の、試演してみたい作品をお寄せください。

参加希望団体は以下のの項目をメールにてお送りください。 

・申込者氏名

・申込者連絡先(電話番号)

・参加団体名

・参加者氏名全員分

・作品タイトル

・出演者、スタッフ(劇作/演出)氏名

・[舞台]置き道具(机や椅子など)の有無(有る場合は品物名をお知らせください)

・[舞台]火や水など施設を損傷する可能性のあるものの有無(有る場合はなにを使うかお知らせください)

・参加団体プロフィール

・C.T.T.で上演をする理由・目的
posted by C.T.T.広島事務局 | 17:43 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
C.T.T.Hiroshima vol.9
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
C.T.T.広島事務局を立ち上げて、あっという間に5年が過ぎました。
本当にあっという間です。
広島の演劇のためのお役にたてているのかどうか、明確には分かることはありませんが、
それでも、こうやって「場所」を求めてくれる、熱い演劇人がいる限り、続けたい。

C.T.T.は演劇人による演劇人のための企画です。
よって、普通に演劇を観るのとはちょっと違うかもしれませんが、作品を検証をする場として、お客さんの存在は不可欠。
どうか、上演協力(観劇のご協力)をお願いいたします。
亡くなられた民藝の大滝秀治さんが「俳優の職業というのは、舞台に芝居をあげてさて、どうというものか、をお客さんに問うもの」とおっしゃっていました。胸が熱くなりました。
あれだけ、テレビや映画に引っ張りだこだった大滝さんが、最後まで生の舞台での芝居にこだわりぬいた
それは美談でもなんでもなく、それこそが俳優の生き様だという事を、大滝さんは貫かれたのだと、思いました。
そんな俳優が、この広島にも息づきますように。
そう思いながらの5年目です。
ちなみに、一緒に運営してくれるスタッフも大募集です。

C.T.T.Hiroshima vol.9

★日時
2012年
10月13日(土)19:00〜
10月14日(日)14:00〜
★上演協力金/950円
★場所/レイノホール
〒730-0051 広島市中区大手町3-7-3(地下1F)


★出演団体
烏丸ストロークロック(京都)
「火粉、背高泡立草」
1999年京都で旗揚げ、小劇場演劇を手掛ける劇団。現代人とその社会が抱えている葛藤をモチーフにした作品を、京都をはじめ各地で発表している。
2013年、3月30日、31日、広島市東区民文化センターにて、今回試演する舞台の本公演バージョンの公演が決まっている。

PROJECT Fe(広島)
「連続舞台劇『ひげよ、さらば』予告編」
2000年、広島で結成。異なる経験を持つものが集まり、知識と技術を共有しあうことによって、より豊かな文化活動を行っていくことを目的に企画された演劇ユニット。
2013年「連続舞台劇『ひげよ、さらば』」8時間の芝居を上演予定。

■劇団雨蛙(島根)
2002年、劇団3chを立ち上げる。2007年同劇団を解散後活動の拠点を長野県に移し、「劇団13月のエレファント」に演出として参加。
2010年に劇団が上京。その後「大人の劇団」などで演出を経て2012年の解散後、現在、島根の女優朝日山共に新ユニットを立ち上げるに至る。

posted by C.T.T.広島事務局 | 16:25 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(1) |
C.T.T.vol.9開催決定。
 現在2団体のお申込みが有ります。

C.T.T. HIROSHIMA VOL.9 開催決定

参加団体募集中




Download
C.T.T.vol.9の仮フライヤー。参加団体を募集しています。
CTTvol9.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [830.0 KB]
ダウンロード

今、西日本で話題の京都の劇団

「烏丸ストロークロック」

 (2013330日、31日、広島市東区民文化センターにて広島公演予定)

がなんと、広島のC.T.T.に参加決定!!

 

■ 開催日

20121013日(土)、1014日(日)

 

■ 場 所

レイノホール(広島市中区大手町3-7-3


■ 参加方法

 

参加希望団体は以下の項目をメールにてお送りください。

 

・申込者氏名

 

・申込者連絡先(電話番号)

 

・参加団体名

 

・参加者氏名全員分

 

・作品タイトル

 

・出演者、スタッフ(劇作/演出)氏名

 

・[舞台]置き道具(机や椅子など)の有無(有る場合は品物名をお知らせください)

 

・[舞台]火や水など施設を損傷する可能性のあるものの有無

 (有る場合はなにを使うかお知らせください)

 

・[照明]地明かり以上の効果の有無

 

・[音響]劇場設備を使うかどうか

 

・参加団体プロフィール

 

C.T.T.で上演をする理由・目的

 

posted by C.T.T.広島事務局 | 12:42 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
第七劇場「かもめ」本日初日です!!
JUGEMテーマ:演劇・舞台



3日に広島入りされて現在。
東区民文化センターのホールが・・・・
「ホール全体」がいまだかつてない舞台セットになっています!!!
有機物と無機物が、美しく空間を創作していて、シュートをみながらじーん、としてしまいました・・・。

facebookをご利用の方は、第七劇場さんのアップでちょっとのぞけます★
http://www.facebook.com/dainanagekijo


当日も前売料金と同じでご覧いただけます!
迷っている方は、迷わずにいらしてくださいませ!

終演後、演出の鳴海康平氏とゲストによる、ポストパフォーマンストークがございます。
お時間の許す方は、そちらもご覧くださいませ。

ゲスト
 柿木伸之(かきぎのぶゆき)さん
広島市立大学国際学部准教授。専門領域は、
ヴァルター・ベンヤミンの思想を中心とする近・現代ドイツの哲学および美学。
ヒロシマ平和映画祭実行委員会委員、ひろしまオペラ・音楽推進委員会委員


名古屋、三重、フランス、岡山、東京と国内外各地で

鮮烈な印象を残した第七劇場「かもめ」がついにツアー最終地広島へ!
【原作】A・チェーホフ
【構成・演出・美術】鳴海康平
【照明】島田雄峰(Lighting Staff Ten-Holes)
【音響】和田匡史
【衣装】川口知美(COSTUME80+)
【出演】佐直由佳子、木母千尋、山田裕子、小菅紘史、菊原真結、須田真魚、伊吹卓光、米谷よう子
■ 日時
2011年11月5日(土)19:00開演
2011年11月6日(日)14:00開演、19:00開演 
■ 会場/広島市東区民文化センター ホール 
■ 入場料(全席自由・日時指定) 
一般2000円、学生1000円(前売・当日ともに)
高校生以下無料(学生証提示、要予約) 
posted by C.T.T.広島事務局 | 11:49 | 主催事業 | comments(0) | trackbacks(0) |
第七劇場による公演「かもめ」のご案内
 常に心の一部分を占領している、
またはふとした瞬間に目の前を覆いつくしてしまうような過去と、
そのつど折り合いをつけて、私たちは前へ進む。
そうして生活していると、あることに気づく。
その過去が自身に対していかに大きな力を持っていようと、
世界とは何も関係がないということに。

どれだけ涙を流そうと、身動きできないほどの震えに襲われようと、
世界には何も変化は起きない。そんな人間という小さな存在を深く愛し、
その空しさも同じくらい愛した作家チェーホフが描いた、
痛いくらい静かな、たったひとりの存在を証明する物語』
(第七劇場「かもめ」作品解説より)
 

第七劇場による「かもめ」広島公演。
とにかく、ひとりでも多くの方に、体験いただきたい舞台作品です。
いらしてください。

++++++++++++++++++++++++++
名古屋、三重、フランス、岡山、東京と国内外各地で
鮮烈な印象を残した第七劇場「かもめ」がついにツアー最終地広島へ!
【原作】A・チェーホフ
【構成・演出・美術】鳴海康平
【照明】島田雄峰(Lighting Staff Ten-Holes)
【音響】和田匡史
【衣装】川口知美(COSTUME80+)
【出演】佐直由佳子、木母千尋、山田裕子、小菅紘史、菊原真結、須田真魚、伊吹卓光、米谷よう子
■ 日時
2011年11月5日(土)19:00開演
2011年11月6日(日)14:00開演、19:00開演 
■ 会場/広島市東区民文化センター ホール 
   
■ 入場料(全席自由・日時指定) 
一般2000円、学生1000円(前売・当日ともに)
高校生以下無料(学生証提示、要予約) 

       
■ 注意事項
・受付及び開場は開演の20分前からとなります。
・上演時間は約70分です。終演後、アフタートークを実施します。
・開演10分前を過ぎますと、当日券の方にご入場いただきます。
・開演時間を過ぎますと演出の都合上、一時ご入場をお待ちいただく場合がございます。
   
 
■ 鳴海康平(なるみこうへい)
第七劇場主宰、演出家。
1979年北海道紋別市生まれ。東京在住。
早稲田大学在籍中の1999年に劇団を創設。
戯曲のテキストから人間の普遍性を抽出し、時代や国を問わず人間が抱える豊かさと孤独を示す演出や、日本の伝統芸能の持つ力強さとコンテンポラリーな身体性が共存するパフォーマンス、
場所の特徴を活かした美しい空間構成で国内外において高い評価を得る。
演出以外にも、日本各地でのワークショップ、早稲田大学などに特別講師として招かれるなどの、
教育・育成活動も行う。財団法人舞台芸術財団演劇人会議会員。SENTIVAL!フェスティバルディレクター
芸術文化活動支援員(文化庁・2010年度/岡山県・天神山文化プラザ)。

1999年、演出家 鳴海康平と数名の俳優によって設立。古典戯曲を主に上演し、
身体性確かな俳優のパフォーマンス、美しい空間構成によるポスト・ドラマと普遍性が、
日本国内およびドイツ、韓国で高く評価される。国境を超えることができるプロダクションをポリシーに作品を製作し、
日本国内各地、海外で広く活動。これまで国内14都市、海外3か国5都市で作品が上演される。
2006年より東京・豊島区にあるatelier SENTIOのレジデンスカンパニーとなる。

■ 主催/第七劇場 
■提携/
舞台芸術制作室 無色透明
posted by C.T.T.広島事務局 | 13:53 | 主催事業 | comments(0) | trackbacks(15) |
「からだをきれいにワークショップ」参加者募集中!
 

去年好評を博しました、第七劇場のワークショップ、今年も開催いたします。
「体は資本」

第七劇場は作品、表現に高い身体性を感じる劇団でもあります。
そのスキルをちょっぴり皆様に伝授していただこうではないか、というコンセプトのワークショップです。なので演劇経験などはまったく必要ありません。
日常に生かせるストレッチや、インナーマッスルの意識、体のほぐし方などをわきあいあいとするワークショップです。
一般の人にも楽しんでいただけますし、役者の方は、稽古のアップでも使えるメニューがたくさんあるよ、という出血大サービスな企画です(笑)
ご応募、どしどしお待ちしています★

ctthiroshima★@mail.goo.ne.jp
(★を@に変えてくださいね)
東区民文化センターでもご予約承っております。

+++++++++++++++++++++++++++

国内のみならず海外でも公演活動する東京の劇団「第七劇場」による、初心者大歓迎、基礎トレーニングのワークショップです。気軽にご参加ください!!
        
☆からだのコア(中心)と向き合ってみよう
☆呼吸や筋肉を感性に生かした「身体言語」を体験してみよう
「なぜか背中が丸まってみえる」「肩がカタイ」「ヒールのある靴をはくと、ひざが曲がって自然に歩けない」・・・・・そんな経験はありませんか?
それらは実は「からだのコア(中心)・インナーマッスル」と深く関わりがあります。
最近はダンスなどでトレーニングする方法もありますが、コアもインナーマッスルも目に見えない、自分のからだの内面にあるものですから、いきなりダンスはちょっとムズカシイ、という人もいるかもしれません。
だいじょうぶです。意識して知るだけでも、からだはずいぶん変わります。
簡単なストレッチとちょっとした感性のトレーニングで、「からだをきれいに」を体験してみませんか?

■ 日時
2011年9月22日(木)<1>18:30-21:00(2.5時間)
2011年9月23日(金・祝)<2>10:00-12:30 <3>13:30-16:00(2.5時間×2) 
        
■ 会場
広島市東区民文化センター ギャラリー(2F) 
        
■ 講師
鳴海康平(第七劇場 演出家) 
        
■ 対象
年齢、演劇経験等は問いません。
自分のからだのメンテナンスや、からだの感性などに興味がある人は、気軽にご参加ください。        
 
■ 受講料
1,000円/1回(3回通しで受けられる方は500円割引で3000円→2500円になります)

 ■ プログラム
<1>・・・気持ちとからだをやわらげる
ストレッチや整体などで、無意識のうちに硬くなってしまった気持ちとからだをほぐしましょう。
<2>・・・気持ちとからだを刺激する
簡単なシアターゲームで、普段あまり使わない部分を刺激して気持ちとからだを広げましょう。
<3>・・・気持ちとからだを強くする
簡単なインナーマッスル運動などで、今よりほんの少し気持ちとからだを強くしてみましょう。

           
■ 鳴海康平(なるみこうへい)
第七劇場主宰、演出家。
1979年北海道紋別市生まれ。東京在住。早稲田大学在籍中の1999年に劇団を創設。戯曲のテキストから人間の普遍性を抽出し、時代や国を問わず人間が抱える豊かさと孤独を示す演出や、日本の伝統芸能の持つ力強さとコンテンポラリーな身体性が共存するパフォーマンス、場所の特徴を活かした美しい空間構成で国内外において高い評価を得る。
演出以外にも、日本各地でのワークショップ、早稲田大学などに特別講師として招かれるなどの、教育・育成活動も行う。財団法人舞台芸術財団演劇人会議会員。SENTIVAL!フェスティバルディレクター。芸術文化活動支援員(文化庁・2010年度/岡山県・天神山文化プラザ)。

    
■ 第七劇場
1999年、演出家 鳴海康平と数名の俳優によって設立。古典戯曲を主に上演し、身体性確かな俳優のパフォーマンス、美しい空間構成によるポスト・ドラマと普遍性が、日本国内およびドイツ、韓国で高く評価される。国境を超えることができるプロダクションをポリシーに作品を製作し、日本国内各地、海外で広く活動。これまで国内14都市、海外3か国5都市で作品が上演される。
2006年より東京・豊島区にあるatelier SENTIOのレジデンスカンパニーとなる。
http://dainanagekijo.org/

posted by C.T.T.広島事務局 | 12:52 | 主催事業 | comments(0) | trackbacks(1) |
C.T.T.明日から!(30日はほぼ満席になりました)
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
明日からC.T.T. vol.8です!
今日は参加団体みんなで仕込みました。
幕やパンチを使って「劇場」らしい空間に。
ううう、なんと申しますか、とにかく「近い芝居」になります・・
車座で観る感じ、と思ってください。
どうなるだろうーーーはらはらどきどき。。。

土曜日はおかげさまでほぼ満席になりました!
日曜日はまだお席あります!
お時間ある方は是非!

次回C.T.T.のお知らせです。

会場は山小屋シアターではなく、「ガレリア・レイノ」というギャラリーにて行います。


posted by C.T.T.広島事務局 | 00:10 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
C.T.T.vol.8開催のおしらせ
JUGEMテーマ:演劇・舞台


 次回C.T.T.のお知らせです。

開場は山小屋シアターではなく、「ガレリア・レイノ」というギャラリーにて行います。

観劇お申し込み、どしどしお待ちしております!

ctthiroshima★mail.goo.ne.jp
(★を@に変えてくださいね^^)

■2011年7月
30日(土)18:30開演
31日(日)14:00開演

■上演協力金
900円

■場所
ガレリア・レイノ
(広島市中区大手町3−7−3地下1F)

■出演団体

◎劇団ギザ十「信号手」
原作/チャールズ・ディケンズ
改編、演出/テラダシゲオ
出演/丸橋一平、大瀧慧吾
★2006年に創設以来、定期的に活動を続けている。主な公演場所は山小屋シアター。
ヲルガン座での公演も行っている。
次回、「サースト」(作:鈴木勝秀、演出:テラダシゲオ)9/23、24,25、山小屋シアターにて
gizajyu10@yahoo.co.jp



◎西野達郎「やりたかったこと」
作、演出、出演/西野達郎
★舞台での自己表現に興味を持ち、二年前より様々なワークショップや公演に関わるようなる。
現在は自分のやりたい表現を目指し、今後の活動について思案中。

■主催/C.T.T.広島事務局

■共催/子どもコミュニティネットひろしま

■協力/広島市東区民文化センター

posted by C.T.T.広島事務局 | 08:12 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |