CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
お問い合わせは
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


演劇やダンスなど舞台芸術の人材育成を目指して舞台作品の試演会を開催しています。
<< C.T.T. Selection in Hiroshima Vol.2開催決定! | TOP | 訂正とお詫び >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
演劇パネルディスカッション開催!
 演劇パネルディスカッション

テーマ
「地域にこだわって演劇をしよう」

2009年6月19日(金)19:00〜

■場所:山小屋シアター
■入場料:500円
■パネリスト/
杉山 準(京都/NPO法人劇研理事)
永山智行(宮崎/劇団こふく劇場代表)
谷瀬未紀(北九州/ピカラック代表)
高崎大志(福岡/NPO法人FPAP事務局長)
伊藤 拓(大阪/France_pan主宰)
■司会/岩韻え(C.T.T.広島事務局)

■演劇は都会的であれば良いのか?

■中央集権の打開策

■演出家や劇作家ではない、俳優が地域を選択する理由はなんなのか

■劇場の果たす役割

・・・etc 

西日本を中心に活動する演劇人を招いての密な公開ディスカッションです。

それぞれの地域で情熱をもって活動を続けている制作者と劇団の主宰者と共に、

現代の日本の地域演劇への問題に深く斬り込みます。


■お問い合わせ

主催:C.T.T.広島事務局

共催:山小屋シアター

協力:C.T.T.京都事務局、C.T.T.名古屋事務局、C.T.T.大阪事務局、C.T.T.岡山事務局

助成:財団法人セゾン文化財団



パネリスト紹介


杉山準/演劇プロデューサー

大学在学中より1995年まで劇団にて役者として活動。

1994年頃より舞台芸術の創作環境改善を目指して、各種ワークショップの企画を手掛けるようになる。

1995C.T.T.という演劇試演会を定期的に行う会を開設。定期的な上演会を年6回〜11回のペースでプロデュースし、現在も継続中(現在名古屋、広島、大阪、岡山に事務局ができ各地の演劇人の交流、人材の育成、発掘を計る)

2000年文化庁在外研修(アートマネージメント)をフランスで行う。

20004月より2008年8月まで京都の小劇場アトリエ劇研プロデューサー。現在はアトリエ劇研を運営するNPO法人劇研の理事、事務局長を行いながら、舞台芸術にまつわる各種事業を企画、制作している。


永山智行/劇作家・演出家

1967年、宮崎県都城市生まれ。宮崎県の三股町と門川町を拠点に活動する劇団こふく劇場の代表。

AAF戯曲賞(主催:財団法人愛知県文化振興事業団)受賞作『so bad year』のほか、劇作家協会新人戯曲賞最終候補作『空の月、胸の石』『北へ帰る』などの作品がある。

05年、書き下ろしの新作『昏睡』(創作ネットワーク委員会+Ort-d.d公演)で東京国際芸術祭参加。

宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター。


谷瀬未紀/制作、プロデューサー、イベントコーディネーター、デザイナー、舞台監督

舞台制作スタッフグループ「劇的企画NEO(ネオ)」代表(19922000年)

1993年「北九州演劇祭」立ち上げ。制作事務所【toban-ne】代表で「飛ぶ劇場」専任制作請負(20012004年)

20053月より「ピカラック」の屋号で活動

2008年「市制45周年記念事業(野外演劇公演)主催:紫川水上劇場実行委員会」事務局長、コンテンポラリーダンスユニット「horamiriダンス研究所」制作中。


高崎大志/制作者

高校の時より演劇を始める。大学演劇部を経て劇団を旗あげ。役者・制作・照明・舞台監督をつとめる。劇団解散後、地域劇団を支援する PINstageを設立。制作・照明等を請け負う。

03NPO法人FPAP設立、事務局長就任。地域演劇振興の企画立案、指定管理者申請、セミナー等の司会等をおこなう。劇評や、福岡・九州の演劇状況、国内の芸術環境格差に関するレポートなども手がける。

九州地域演劇協議会理事・事務局長


伊藤拓/演出家、劇作家

1980年生まれ。現代人の覚束無い言葉のコミュニケーションを軸に、真面目とふまじめの中間地点を探り続ける。

2007年度若手演出家コンクール優秀賞受賞。演劇をそれなりに考えるフリーペーパー「ピーカブー」発行人、C.T.T.大阪事務局代表、ぴゅーぴる演劇祭ディレクターを務める。

posted by C.T.T.広島事務局 | 07:14 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 07:14 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ctthiroshima.jugem.jp/trackback/25
トラックバック
2009/07/24 20:26
6月19日に山小屋シアター(広島)でおこなわれた公開ディスカッション「地域にこだわって演劇をしよう」は、地域で演劇をすることについての内容でしたが、限られた時間で有意義な成果が残せたと思います。...
fringe blog